トップページへ
メッセージ
応募するには
過去の作品

2010年3月21日(日)、サンリオピューロランドにて
第2回花と笑顔笑顔コンクールの授賞式が開催されました。

 

前日の夜から当日朝まで強風が吹くという、あいにくの天気となりましたが、
大阪や名古屋、茨城からも、出席予定の皆さんに無事会場に到着いただくことができました。

 

会場は、ピューロランドのフェアリーランドシアター。
普段はキャラクター達や ダンサーの方が歌って踊るステージの上が表彰の舞台で、
出演者以外がステージに上がることができるのは、大変貴重な機会だそうです。

 

集まってくださった入賞者の皆さんは、ちょっと緊張の面持ちでしたが、
授賞式までの短い間、ご家族と一緒に記念撮影をしたり、子ども同士でお話をしたりされました。

 

そして、いよいよ授賞式が始まります。
初めにスペシャルゲストが登場。なんと、キティちゃんが表彰のお手伝いをしてくれたのです。
これには参加したお子さんたちからも、歓声があがりました。

 

おひとりおひとりに、キティちゃんから表彰状が、
審査員をつとめてくださった湖山医療福祉グループ代表 湖山泰成先生からは賞品が送られました。
(湖山先生は、ハロードリームの顧問であり
今回この取り組みをいろいろな形で応援してくださいました。)

 

表彰後は、絵の展示場所で記念撮影をし、その後館内で昼食へ。
子どもたちは、それぞれ仲良しになって、楽しくおしゃべりしていました。

みんな、絵を描くのは大好き、お友達が大好き、お母さん大好き…と話してくれました。
お母さん、お父さんも、とっても温かい目で見守っていらっしゃると感じました。

 

昼食後には、ピューロランドのショー『OZの魔法使い』を鑑賞。
家族の大切さを伝えてくれるショーでした。

さらに最後には、 サンリオの辻信太郎社長が駆けつけてくださいました。そして、
「キティちゃんはね、かわいくあること、仲良くすること、そして言葉ではなく態度でちゃんと
伝えることを伝えているキャラクターなんです。」こんな素敵なキティーちゃんの秘密を、聞かせてくださいました。

 

今回の絵画コンクールで、ご応募いただいた203作品は、拝見しているとどれも素晴らしく、
それを描いた子どもたちの優しい心があふれているようでした。
あらためて、子どもたちは、当団体のメッセージである「自分となかよく、みんななかよく、」
ということを、自分の中にもっているなと思わせていただきました。

 

応募してくださった皆様
応援してくださったご家族の皆様
審査してくださった審査員の皆様
展示、表彰式の準備を整えてくださったピューロランドの皆様
誠にありがとうございました。
関わってくださったすべての方に心より感謝申し上げます。

 

<関連リンク>

●入賞作品はこちらから
●全ての応募作品はこちらから