トップページへ
メッセージ
応募するには
第1回入賞作品

第4回「花と笑顔」こども絵画コンクールに全国から461作品のご応募がありました。
ご応募いただいたみなさん、本当にありがとうございます。

入賞された17作品をご紹介します。絵をクリックすると大きなサイズでご覧いただけます。


応募作品


羽口樹くん (埼玉県 8歳)
「ありがとう」
去年の学校の先生


去年の担任の先生がちがう学校に行ってしまったので、この絵を見て、僕を思い出して、そして楽しい気持ちになってくれればいいなと思ってこの絵をかきました。

小田急百貨店 社長賞 (代表取締役社長 小川 三木夫)

「去年の」先生へという贈り先に、樹くんの感謝の気持ちと楽しい思い出が伝わってきます。 この絵が、まさに樹くんのメッセージを感じさせてくれることに感動しました。

出口花音さん (東京都 6歳)
「ひまわり たね いっぱい」
ハムスターのプリンちゃん


ひまわりの種が大好きだったプリンちゃん。元気だった頃、プリンちゃんのためにひまわりを育てたけど、とちゅうで枯れちゃってごめんね。種いっぱいのひまわりを送るから、天国で食べてね。

小田急百貨店 社長賞 (代表取締役社長 小川 三木夫)

大きな大きなひまわり、プリンちゃんの大好きな種がひとつずつ丁寧に描かれていて、花音ちゃんの優しさに思わず笑顔になりました。プリンちゃんはお腹いっぱいひまわりの種を食べられて、とても喜んでいると思います。

伊藤百夏さん (東京都 8歳)
「元気なひまわり」
大好きなひいおばあちゃんに


車椅子で自由に外に出られないひいおばあちゃんが、ひまわりの絵を観て、100歳まで元気でいてほしいから。

小田急百貨店 新宿店長賞 (新宿店長 境野 光行)

まるで油絵のような、迫力のある筆づかいの元気なひまわりに見入ってしまいました。百夏ちゃんの優しい願いのこもったひまわりは、きっとひいおばあちゃんの心も明るく元気にしてくれることでしょうね。

手塚百音さん (東京都 11歳)
「ことりちゃんとお花」


うちでかっているネコのことりは、お花をかざっておくと、すぐ花びらをムシャムシャ食べてしまいます。怒られても花びらを食べようとすることりちゃんの気持ちになって絵を描いてみました。

小田急百貨店 新宿店長賞 (新宿店長 境野 光行)

お花の花びら、ことりちゃんの毛なみ、そして背景まで、全てとても丁寧で上手で驚きました。  ことりちゃんの綺麗な緑色の目に映るお花が印象的です。

村上美紀さん (東京都 6歳)
「幸せを運ぶ天使」
全ての人


泣いている人を見ると、私も悲しくなります。みんなが笑顔になるように、幸せを運ぶ天使がいればいいなと思って絵を描きました。

小田急百貨店 るーちゃん 賞 (新宿店こどもフロアキャラクター)

ニコニコ顔の可愛い天使さん。周りのお花もニコニコ顔ですね。みんなが笑顔になるようにと願う美紀ちゃんの優しさが嬉しくて、とってもあたたかい気持ちになりました。この天使さんは、きっと世界中のたくさんの人たちを「幸せ」にしてくれると思います。

飯島正優くん (埼玉県 9歳)
「トランポリン フラワーズ」
ひさい者の人たち


明るくて、楽しそうな思いを表げんしてひさい者の人たちによろこんでもらえるようにえがきました。

小田急百貨店 るーちゃん 賞 (新宿店こどもフロアキャラクター)

いろんな色のお花のトランポリン、空までとんでいるのかな?いいお天気で、みんなとっても楽しそうです。正優くんの明るくて楽しい絵は、被災された方達にも前向きな気持ちを伝えてくれると思います。

小仲あかりさん (大阪府 11歳)
「バラ畑」
お母さん


バラの花はお母さんの好きな花だったのでかきました。

福原義春 (株式会社資生堂名誉会長)賞

バラの姿をよく掴んでいます。鮮やかな花と渋い緑のコントラストが美しいです。配置もバックの色もとても素敵だと思います。

浅野仁美さん (埼玉県 1歳)
「おはな」
だいすきなみんなへ。おとうさん、おかあさん、おじいちゃん、おばあちゃんへ


だいすき。ひとみは、おはながすきで、にこにこになります。くれよんも、えのぐも、たのしくあそべました。このえをみて、だいすきなかぞくも、みんなもにこにこになりますように。

湖山泰成 (湖山医療福祉グループ代表)賞

本絵画コンクール最年少の応募です。テーマは「大好き」だと感じました。クレヨンも絵の具も大好き、家族も大好き、が全部この絵の中にあります。ひとみさんとお母様のおふたりのお気持ちが伝わってきます。

堀瑞葉さん (愛知県 7歳)
「ひまわりがおひさままでのびたよ」
じしんにあったおともだち


大きな大きなひまわりがさいたらいいな。じしんでおうちをなくしたおともだちや、むしやとりもみんなあつまって、ひまわりにのぼってあそびたいな。

光文書院 賞 (代表取締役社長 長谷川知彦)

太陽(夢)に向かって、どんどん成長していくひまわり。みんながひまわりと一体となって、みんなで笑顔になって、みんなでみんなの夢を応援し合えば夢が叶う!そんなビジョンが浮かび上がってきますね。

村上美紀さん (東京都 6歳)
「幸せを運ぶ天使」
全ての人


泣いている人を見ると、私も悲しくなります。みんなが笑顔になるように、幸せを運ぶ天使がいればいいなと思って絵を描きました。

山口裕子 (「ハローキティ」デザイナー)賞

みんなが笑顔になるように、幸せを運ぶ天使がいればいいな」という美紀ちゃんの文章を読んで・・・幸せを運ぶ天使になれるのは、美紀ちゃん、あなたでしょう!と思いました。この絵をみると明るく元気になれるんです。人の気持ちや感謝の気持ちがわかる人が天使になれるんです。

伊藤拓海くん (東京都 9歳)
「世界にたった1つの花」
おとうさんとおかあさん


どこにもない自分が考えたカッコイイ花、プレゼントするなら世界にひとつだけの花がいいと思って一生懸命考えました。

小巻亜矢 (NPO法人ハロードリーム実行委員会代表理事) 賞

深い海、広い空を思わせるような綺麗なブルーの中く咲いている大きなお花はとっても力強く「世界でたった一つの花」を描き出したタクミ君に、“子どもの可能性のパワー”を感じさせてくれました。ご両親を喜ばせたい想いが伝わってくる素晴らしい絵でした。

西股愛咲美さん (岡山県 7歳)
「さくらの夢」
日本中の人びと


津波で、かなしんでいる人達が、え顔で、元気にすごせるように、美しいさくらを書きました。

Pray for Smiles 【東日本大震災被災者の方へ】 賞

日本の花、さくらをこんな美しく描けるなんて素敵です。きっとよく観察して描かれたのでしょうね。桜のピンク、背景の黄色と水色・・春の色合いで被災地の方を静かに応援している気持ちが描かれているように感じました。

石井裕美さん (東京都 8歳)
「えがおをとどける花」
世界のまずしい国の人たちに


やさしい心をもった花や、のむと元気になるくすりになる花、食べるとやさしくなって王かんが出てくる花、そんなふしぎな花で、まずしい国の人たちがえがおになれるようにかきました。

ハロードリーム 賞

えがおをとどけるお花を描いてくださってとてもうれしい気持ちになりました。8歳の考える世界、ご自分なりに心を痛めたニュースなどがあったのでしょうか。くすりになったり優しい心になる花、そんなお花をイメージできる素晴らしい子どもたちが夢を育める社会にしたい、とあらためて頑張りたい、と思わせてもらいました。

上野新平くん (熊本県 3歳)
「あかいおはな うれしいな」
お母さん


母代筆:庭に咲いた白い花を見て描いた絵です。白い花なのに赤で塗っていました。「どうして赤なの」と聞くと「ママは女の子だから赤がかわいいでしょ」と♪私がお花を持って「うれしいな」と踊っている所だそうです

ハロードリーム 賞

白いお花を見て、お母さんのために赤く描いた、というエピソードに心がとっても温かく柔らかくなりました。とっても頑張って色を塗っている様子もシンペイ君のお母さん大好きな気持ちのこもった絵から想像できました。子どもの想像力は本当に大人にはまねできませんね。これからもたくさんお絵かき、してくださいね。

北居由鈴名さん (兵庫県 8歳)
「たんぽぽのわた毛は音ぷ」
おじいちゃんとおばあちゃん


たんぽぽのわた毛は音ぷのように見えます。しがけんと大さかのふじい寺にすんでいるおじいちゃんやおばあちゃんたちは、わたしのピアノを大すきと言ってくれます。ピアノの曲をこのわた毛にのせて届けたいと思います。

ハロードリーム 賞

たんぽぽのわたげにピアノの曲を載せて「飛んで行け〜♪」 と言っている気持ちが伝わってきます。お花たちもちいさな動物も、音楽にのって踊っているみたいですね。由鈴名ちゃんとおじいちゃま、おばあちゃまがなかよしで笑っている様も見えるようです。ハロードリーム憲章の「みんななかよく」を表現してくれている絵だと思いました。

三浦夢大くん (愛知県 8歳)
「世界一強くてやさしいライオン花たば」
ないている人。さみしくてないている人へ。


ぼくは、世界一強いライオンだよ。ぼくが、きみを、まもってあげる。こわがらなくて、いいよ。ライオン花たばになって、え顔と勇気を届けます。まっていてね。

ハロードリーム 賞

強くてたくましくて優しいライオンさんは夢大くんそのものなんでしょうね。ライオンと花を結びつける想像力に驚きました。そして絵から伝わってくるのは本当に「笑顔と勇気」でした。絵の構図も、ますます(去年に続いて)ダイナミックでユニークです。この優しい気持ちをずっとずっと持っていてね。

吉田結娃さん (北海道 5歳)
「みんな笑顔です☆」
おじいちゃんとおばあちゃん、そして元気のないみんなへ


遠くにいるおじいちゃん、おばあちゃんに「家族みんな笑顔いっぱいで頑張っていますよ」という気持ちを込めて描きました。おじいちゃんもおばあちゃんも負けないように元気でいてね!みんなで遊びに行くね☆

ハロードリーム 賞

お花はご家族なんですね。みんなの笑顔、笑声、楽しいおしゃべりが聞こえてきそうな絵です。お花の並びかたも、しっかり描かれたお花も結娃ちゃんの優しい気持ちの表現なのでしょう。おじいちゃんおばあちゃんにその気持ちは絶対届きますね。



▲TOPへ